癒しの香りで満ちたる空間を

ローズマリーベルベノン

rosemary-vervenone_191117

ローズマリーベルベノン

  • 学名:Rosmarinus officinalis
  • 科名:シソ科
  • 抽出部位:全草
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法
  • 主な産地:スペイン、フランスなど
  • 主な作用:うっ滞除去、強肝、去痰、駆風、抗ウイル ス、殺菌、鎮痙、通経、発汗、癒傷

地中海沿岸地域が原産で、若返りの妙薬として も知られていました。有名なのは、このハーブを 使って作られた「ハンガリアンウォーター」です。中 世ヨーロッパのハンガリー王妃エリザベートが高齢 で手足が痛む病気になり、痛み止めに使ったとこ ろ、病気がよくなっただけでなく、みるみる若返っ て、隣国の王子からプロポーズされたという伝説が あります。現在でも、しみを予防して肌のハリを保 つ効果がある精油として利用されています。

香りの特徴

清涼感があり、フレッシュ。ローズマリー・シネオールよりグリーン。

成分の特徴

ベルベノンという成分を含み、強肝作用に優れている。 ローズマリー・シネオールに比べ、森林のような香りを 放つ a – ピネンの含有率が高い。

相性のよい精油

肝臓を保護するので、肝毒性のあるフェノール類が多い 精油と組み合わせるとよい。サイプレスと合わせれば、 集中力を高める効果がある。ユーカリやティートリー、フ ランキンセンス、ゼラニウムのほか、柑橘系ともよく合う。

注意事項

高濃度での使用は皮膚刺激があるので注意を。妊娠中 の人や高血圧症の人、てんかんの人、子供への使用は 避ける。

こんなときにおすすめ

メンタル

神経過敏で注意力が散漫なときに。

自律神経の働きを整え、心のバランスを取り戻す効果があります。 したり不安になったりして、意識を集中できないときや、自信を 失ってしまい、意欲がわかないときに。精神疲労を癒し、明るさや前向き な気持ちを呼び起こします。

ボディ

生活習慣病の予防に。

ベルベノンという成分を含んでおり、胆汁を分泌する作用や脂肪を溶解す る作用、代謝を促進する作用に優れており、肝機能を強壮するほか、肥 満や糖尿病、動脈硬化、高コレステロールなどを予防する効果があります。 うっ滞除去作用もあるので、冷え性やむくみの改善にも有効です。

ビューティ

肌のアンチエイジングに。

皮膚組織を活性化し、代謝を促進する作用があるので、肌にハリを取り戻 したり、しわを予防・解消したりするのに効果があります。にきびやあかぎ れなどの症状緩和にも有効です。脂性肌を改善するので、フケや抜け毛の 予防にも。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA