癒しの香りで満ちたる空間を

マジョラム

marjoram_191117

マジョラム

  • 学名:Origanum majorana
  • 科名:シソ科
  • 抽出部位:全草
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法
  • 主な産地:エジプト、フランスなど
  • 主な作用:緩下、強壮、去痰、駆風、血圧降下、血行促進、消化促進、消毒、 鎮痙、鎮静、鎮痛、通経、 癒傷

料理にも使われるマジョラム。性欲を鎮める作 用があるといわれ、かつては修道院などで使われ ていました。古代ギリシャ・ローマでは薬草として 重宝されていたほか、幸福の象徴ともされていまし た。墓の上にマジョラムが生えるのは死者が永遠 の幸福を謳歌している証と信じられていました。ま た、新婚夫婦の幸せを願ってマジョラムの花冠を 贈る習慣もありました。リラックス効果をもたらすス パイシーで温かみのある香りなので、男性にもおす すめです。

香りの特徴

スパイシーで温かみのある香り。 やや苦みと甘みを含む

成分の特徴

主成分のテルピネン – 4- オールには、抗炎症作用や抗 菌作用、鎮痛作用などがある。成分がティートリーに似 ている精油。

相性のよい精油

寝つきが悪いときには、ラベンダーやネロリなど鎮静効 果の高い精油と合わせるのがおすすめ。甘酸っぱいオレ ンジ・スイートとのブレンドは、心をくつろがせる効果が あるほか、便秘の解消にも。イライラした気持ちを鎮め、 月経の悩みを解消するにはサイプレスを合わせて。

注意事項

妊娠初期は使用を避ける。長時間使用すると眠けを起 こす作用があるので、車の運転など集中したいときには 控える。

こんなときにおすすめ

メンタル

悲しみや孤独を感じ、眠れないときに。

自律神経失調による、呼吸器や消化器の不調、不眠や食欲不振などに。 副交感神経に働きかけて、自律神経のバランスを整えます。些細なことで イライラしたり、不安や悲しみに押しつぶされそうなときにも。興奮した心を 鎮め、心を深くリラックスさせるのに有効です。

ボディ

冷えや便秘、月経の悩み、筋肉痛に。

血行促進作用と体温を調節する作用により、体を温める効果があるので、 冷えやむくみを改善します。また、筋肉痛や月経痛などの痛みをやわらげ る効果も期待できます。鎮痙作用と駆風作用により、便秘の解消にも有効
です。

ビューティ

目の下のクマが気になるときに。

血行が悪くなると、血中のヘモグロビンが酸欠になり黒っぽい色に変化しま す。目の下は皮膚が薄いので、この色がすぐに透けて見えてしまうのです。 この精油には血行をよくする作用があるので、目の下のクマを解消すること ができます。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA