癒しの香りで満ちたる空間を

ラベンダー

lavender_191117

ラベンダー

  • 学名:Lavandula officinalis
  • 科名:シソ科
  • 抽出部位:花、葉
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法
  • 主な産地:フランス、ブルガリア、イギリスなど
  • 主な作用:駆風、血圧降下、抗アレルギー、抗鬱、 抗ウイルス、抗炎症、細胞成長促進、殺菌、殺真菌、 消毒、鎮痙、鎮静、鎮痛、 通経、デオドラント、発汗、 癒傷、利尿

ヨーロッパの山地に生育しているハーブで、精 油はリラックス効果が高く、安眠効果があることで 有名です。作用が穏やかで用途が広く、アロマテ ラピーでもっともよく使われるもののひとつです。古 代ローマでは、傷の手当てに、このハーブを浴槽 に入れて沐浴していました。また、防虫効果があ ることも古くから知られており、ヨーロッパでは肌着 入れにラベンダーの花穂の入ったサシェを入れ て、虫よけにしていました。

香りの特徴

さわやかな酸味と、 クリアで軽さのあるフローラルな香り。

成分の特徴

殺菌、免疫力向上の作用があるリナロールを含有。主成分 の酢酸リナリルは自律神経調整、鎮静、鎮痛、抗炎症など の作用があり、含有率が高くなるほど香りが甘くなる。

相性のよい精油

安眠には、心の疲れを癒すオレンジ・スイートやカモミー ル・ローマンとのブレンドがおすすめ。ベルガモットとの ブレンドは、パニックやヒステリーを鎮めるのによい。イ ランイランとのブレンドは、高ぶった心をリラックスさせ たいときに。

注意事項

妊娠初期は使用を避けること。低血圧の人は催眠作用 が働きすぎることがあるので、車の運転など、集中力を 要する作業の前は使用しないよう注意を。

こんなときにおすすめ

メンタル

リラックスしたいとき、安眠したいときに。

自律神経のバランスを整える作用があり、不安やストレスを抱えた心を癒し て、深くリラックスさせるのに有効です。また、脳内物質のセロトニンの分 泌を促すことにより、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌も促進されるため、 不眠の解消にも優れた効果を発揮します。

ボディ

頭痛、筋肉痛、月経痛などに。

筋肉を弛緩させる作用や、痛みを鎮める作用、痙攣を抑える作用がありま す。頭痛や筋肉痛、胃痛、月経痛などの症状の緩和にも有効です。免疫 力を強める働きもあり、感染症の予防にも役立ちます。

ビューティ

やけどや傷の手当て、湿しんや皮膚炎にも。

抗炎症作用や殺菌・消毒作用、癒傷作用、細胞成長促進作用などがあり、 傷の治りを早めます。特に、軽いやけどの応急手当てに優れた効果を発揮。 痛みが治まり、跡が残りにくくなります。ほかにも、手荒れや靴ずれ、マメ、 虫刺されの手当てにも有効です。妊娠線の予防・解消にも役立ちます。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA