癒しの香りで満ちたる空間を

カモミール・ジャーマン

german-chamomile_191117

カモミール・ジャーマン

  • 学名:Matricaria chamomilla
  • 科名:キク科
  • 抽出部位:花
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法
  • 主な産地:エジプト、ハンガリー、ドイツ、フランスなど
  • 主な作用/エモリエント、強肝、強壮、駆風、解熱、 健胃、抗アレルギー、抗鬱、抗炎症、消化促進、 消毒、鎮痙、鎮静、鎮痛、 通経、発汗、癒傷、利尿

一年草のカモミール・ジャーマンはフルーティー な甘さを含む、ややスパイシーな香りが特徴。ハー ブティーとしても親しまれており、古くから民間療法 に用いられていた植物です。学名のMatricariaは 子宮や母を意味するラテン語に由来し、婦人科系 のトラブル解消にも古くから利用されてきました。ま た、炎症を抑える成分を含むので、スキンケアにも 効果的です。蒸留することでカマズレンという成分 が増し、精油は濃紺色をしています。

香りの特徴

濃厚な香りを持っている。ややスパイシー。

成分の特徴

有効成分カマズレンは、植物中には存在しない。花にあるマトリシンが加熱などによって分解され、蒸留中に生じる

相性のよい精油

消化器系の不当には柑橘系、婦人科系の悩みには、ゼラニウムやクラリセージ、イランイランをブレンドすると効果が高まる。また、かゆみを伴う皮膚トラブルには、メリッサとのブレンドがおすすめ。

注意事項

衣服などにつけると、洗っても落ちないことがある。妊娠初期は、使用を避けること。ブタクサなどキク科植物のアレルギー保有者は、必ずパッチテストをすること。

こんなときにおすすめ

メンタル

ストレスがたまっているときに

鎮静作用があるので、不安や緊張、怒り、恐怖などの感情をやわらげてくれます。たまったストレスから心を解放し、安定した精神状態へと導くので、忍耐強くなりたいときにもチカラを発揮する精油です。

ボディ

消化器系や婦人科系の調子が優れないときに

粘膜を保護して胃壁を修復する働きがあり、弱った胃を癒してくれます。消化促進作用や鎮痛作用があるので、腹痛や胃痛、消化不良による下痢などにも効果を発揮する。また、通経作用もあるので、月経痛の緩和、月経周期の調整にも役立います。

ビューティ

にきびや肌荒れが気になるときのスキンケアに

優れた抗炎症作用や癒傷作用があるので、にきびやじくじくした皮膚などに効果を発揮します。止痒作用があり、かゆみを伴う乾燥肌のケアに役立ちます。また、皮膚の再生を促し、かたくなった皮膚をやわらかくして、弾力のある肌へ生まれ変わらせてくれます。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA