癒しの香りで満ちたる空間を

ベルガモット

bergamot
  • 学名:Citrus bergamia
  • 科名:ミカン科
  • 抽出部位:果皮
  • 抽出方法:圧搾法
  • 主な産地:イタリア、チュニジア、モロッコなど
  • 主な作用:強壮、去痰、駆風、解熱、健胃、抗鬱、抗ウィルス、殺菌、殺真菌、殺虫、消化促進、消毒、鎮痙、鎮静、鎮痛、デオドラント、癒傷

紅茶のアールグレイの香りづけに使われていま す。オレンジに似た果実をつけますが、その実は 苦みがあり、食用には向きません。コロンブスがカ ナリア諸島で発見し、スペインとイタリアに広めたと いわれています。イタリアの民間療法では長い間、 熱冷ましなどに用いられてきました。精油は主に完 熟前の実の果皮から作られ、清々しく花のような甘 さのある香りは、ほかの香りとよくなじむため、オー デコロンの原料としてもよく使われます。

香りの特徴

花のような甘みを含み、 ビターな柑橘系の香り。

成分の特徴

リモネン、酢酸リナリル、リナロールなど、リラックス効果 がある成分が多い。低濃度でも光毒性を示す成分、ベ ルガプテンを含んでいる。

相性のよい精油

頑張り過ぎてしまう人には、リラックス効果を高めるラベ ンダーやゼラニウム、クラリセージとのブレンドがおすす め。にきびや湿しんなどの肌トラブルにはカモミール・ ローマンと。また柑橘系のほかの香りともなじみがよく、 リフレッシュ効果が高まる。

注意事項

光毒性が特に強いので、皮膚につけた場合は、日光や 紫外線を12時間は避けること。高濃度での使用は肌を 刺激することがある。

こんなときにおすすめ

メンタル

憂うつな気持ちを晴らしたいときに。

鎮静作用と気分を高揚させる作用をあわせ持っているので、怒りや不安、 ストレスなどの負の感情を取り去って、心を癒す効果があります。心をほぐ してゆったりとした気持ちへ導いてくれるので、感情を抑えて頑張りすぎて いるときにもおすすめです。

ボディ

消化器系の不調を改善。

消化促進作用、駆風作用、鎮痙作用などがあり、下痢や便秘を含め、消 化器系の多くの不調を緩和します。特に、神経性の胃腸のトラブルに優れ た効果を発揮。食欲を調整する働きもあるので、ストレスによる食欲不振や 食べ過ぎを解消するのにも有効です。

ビューティ

にきびや湿しんの気になる脂性肌のケアに。

消毒作用があるので、にきびや吹き出物、湿しんなどの肌トラブルを改善 します。中でもストレス性の肌トラブルに、抜群の効果を発揮。頭皮が脂っ ぽく、フケが目立つときにもおすすめです。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA