癒しの香りで満ちたる空間を

エッセンシャルオイル(精油)の抽出方法

水蒸気蒸留法

原料の植物を蒸留釜に入れ、直接蒸気を吹き込む、もしくは、水と共に沸騰させ、植物の方向物質を気化させてエッセンシャルオイル(精油)を得る方法。

圧搾法

主に、柑橘類の果皮から精油を得るときに使用されます。ローラーで圧搾し、遠心機で分離してエッセンシャルオイル(精油)を得ます。熱を加えずに圧搾することにより、熱変化が起こらず、自然の香りが得られます。

油脂吸着法

花などの繊細な芳香成分を得るために使用されます。油脂が芳香成分を吸着する性質を利用したもので、牛脂(ヘット)や豚脂(ラード)の混合物、オリーブオイルなどが使用されます。最終的に得られたものは、「アブソリュート」と呼ばれます。

揮発性有機溶剤抽出法

石油エーテル、ヘキサンなど揮発性の有機溶剤を用います。最終的に得られたものを、花から得た場合は、「アブソリュート」、樹脂などから得た場合は、「レジノイド」と呼ばれます。

超臨界流体抽出法

二酸化炭素などの液化ガスを溶剤として用います。この方法で得られたものは「エキストラクト」と呼ばれます。